アトピー肌、アレルギー肌でも脱毛できる?

アトピー肌、アレルギー肌でも脱毛できる?

脱毛をしたいけどアトピー肌やアレルギー肌の場合、脱毛できるか心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
アトピー肌やアレルギー肌など敏感なお肌の方は脱毛できるのでしょうか。

答えとしては、脱毛することができます

大手脱毛サロンなど、一部症状によっては脱毛できない箇所もあるかもしれませんが、アトピー肌やアレルギー肌だからといって脱毛を断られることはありません。

ただ、下記のことは注意しましょう。

医師の同意書をもらっておきましょう

中には同意書がなくてもサロンでの確認のみでOKなところもありますが、念のたいつも通っている病院で同意書をもらっておくと安心です。

特にアレルギー肌の方は脱毛のライトにアレルギー反応を示す方もいますので、一度病院を受診し、脱毛をしてもいいか聞いておきましょう。

脱毛サロンによっては同意書も必要ない場合がありますが、心配な方は電話で確認し、同意書が必要かどうか聞いておきましょう。

ステロイド剤は1週間前から控えるのがおすすめです

ステロイド剤は脱毛のライトに反応して、お肌が炎症を起こしてしまう場合があります。

アレルギーやアトピーの症状にもよりますが、1週間前から控えておくほうがおすすめです

こちらもサロンに相談し、自分の肌の症状に合わせて医師にも相談しておきましょう。

肌荒れがひどく炎症をおこしている場合は脱毛できません

脱毛は、アレルギー肌やアトピー肌だけでなく、炎症を起こしていたりお肌が傷つき出血している場合はライトを当てることができません

お肌の一部であれば、テープなどで覆ってそこだけライトが当たらないようにできますが、全体的にお肌が荒れている場合は脱毛の施術が受けられない場合があるので気を付けておきましょう。

特に夏場は下着のラインに汗疹などができやすいので、注意しておきましょう。

レーザーよりもフラッシュ脱毛にしましょう

レーザー脱毛のほうがクリニックで受けられるので安心、というイメージがありますが、
レーザー脱毛のほうがフラッシュ脱毛よりもライトの強さが強いので、肌荒れを起こす可能性が高いんです。

そのため、アレルギー肌やアトピー肌の方は脱毛サロンでのフラッシュ式脱毛を選ぶようにしましょう。

脱毛サロンの場合は期間保証よりも回数保証を

脱毛サロンで選ぶ場合、期間保証のプランだとお肌の状態によって通えない期間が出た時にもったいないので、回数保証の脱毛プランを選ぶようにしましょう。

また、前日までキャンセルができるサロンがおすすめです。

脱毛サロンによって使っている脱毛の機械が違います。
まずは無料体験などで肌荒れを起こさないかテスト照射してもらってからサロンを決めるようにしましょう。

自分で脱毛する場合は、炎症を起こしている箇所は避けるように

家庭用脱毛器などで自分で脱毛したいと考えている方は、もしアトピーやアレルギーでお肌が赤くなっている場合は、その箇所を外して脱毛するか、絆創膏などで炎症しているところを隠してから脱毛するようにしましょう。

また、ステロイド剤などを使っている方は、医師に相談し、何日前まで塗ってもいいか聞いておきましょう。

家庭用脱毛器の中にもフラッシュ式とレーザー式がありますが、ライトの強さが弱くお肌に優しい『フラッシュ式』の脱毛器を選ぶようにしましょう。

一番おすすめなのはケノンです。
照射レベルが10段階で調整できるので、お肌が弱い方でもその時に合わせて脱毛することができます。

また肌荒れが起きにくく、お肌が弱い方でも使いやすいので、家庭用脱毛器を考えている方はケノンをおすすめします。

ケノンで1年間アンダーヘアを脱毛した結果

まずは脱毛前、こんな感じでした。


うん、いい感じにもじゃもじゃです!

そこから2週間に1度パチンパチンと脱毛をした結果…

1年後


おおお!

というくらい脱毛できました。

私はかなりの剛毛なので、1年間でこれだけ脱毛できればかなり満足です。


合計で24回脱毛したわけですが1回あたりたった5分程度で終わる上、73,000円なら脱毛サロンに通うよりも安く、アンダーヘアだけでなく全身脱毛できます。

安く、早く、確実に脱毛したい方は脱毛器ケノンがおすすめです。

ケノンの体験談をもっと詳しく見る

サブコンテンツ

このページの先頭へ