アンダーヘア脱毛をエステでする時の格好

アンダーヘアを脱毛したい、と考えている方の中には、エステサロンや医療機関で脱毛をする際、どんな格好でするのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

デリケートな場所だから、格好や脱毛の手順などとても気になりますよね。

エステサロンや医療機関によって色々と変わりますが、口コミをもとにいくつかのパターンをご紹介していきます。

照射時の格好は?下着?ノーパン?

照射時の格好は、専用の下着(紙パンツ)を履き、ずらしながら照射していくところと、専用のタオル+ノーパンでタオルをめくって照射していくところがあります。

紙パンツは普通のカタチのパンツだったりTバックだったりします。

また、自前で下着を持参するように言われるサロンもあるので、事前に確認しておきましょう。

Iラインは寝て?股を開いて?

Iラインの照射時は、ベッドに寝て片足ずつ膝を立てて足を広げて照射していくサロンと、産婦人科で使うイスのようなもので足を開いて照射していくサロンがあります。

ベッドで足を広げていくほうが、最初は恥ずかしいですが少しづつ足を広げていくので恥ずかしさは少ないといった意見が多いです。
産婦人科のイスのようにお股が開くのは抵抗がある、という方は、通うサロンがどちらのタイプか確認しておきましょう。

Oラインは股を開いて?四つん這い?

一番抵抗があるのが、Oラインではないでしょうか。
Oラインもサロンによって変わりますが、最もベーシックなのはうつ伏せになり、お尻を広げてもらいながら照射していくタイプです。

他には四つん這いで照射していくサロンや、横向きに寝て照射していくサロンもあります。

うつ伏せが最も抵抗が少ないといった意見が多いですね。

みんなのアンダーヘア脱毛の口コミ

  • 体勢は寝転がってって感じでした。
  • oラインは横向きに寝て、お尻をパカッと開かれながら照射しました。
  • 産婦人科で使う椅子みたいなのに座ってやってもらいました。
  • 最初は紙パンツでしたが、気心も分かり慣れて来てからはパンツ履かないでしてました。
  • 格好はローブ?を着て、紙パンツを履き、紙パンツの陰部の辺りを丸くハサミで切って施術していました。
  • 四つんばいになってとても恥ずかしい格好をさせられました。
  • ビキニタイプの白いショーツを穿いて施術を行っています。

ケノンで1年間アンダーヘアを脱毛した結果

まずは脱毛前、こんな感じでした。


うん、いい感じにもじゃもじゃです!

そこから2週間に1度パチンパチンと脱毛をした結果…

1年後


おおお!

というくらい脱毛できました。

私はかなりの剛毛なので、1年間でこれだけ脱毛できればかなり満足です。


合計で24回脱毛したわけですが1回あたりたった5分程度で終わる上、73,000円なら脱毛サロンに通うよりも安く、アンダーヘアだけでなく全身脱毛できます。

安く、早く、確実に脱毛したい方は脱毛器ケノンがおすすめです。

ケノンの体験談をもっと詳しく見る

サブコンテンツ

このページの先頭へ