デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンの正しい洗い方

顔の洗い方や髪の毛の洗い方はテレビや雑誌でもよく紹介されているので、あまり間違った洗い方をしている方はいないと思います。

でもデリケートゾーンの洗い方って意外と知らなくないですか。

友達同士でもなかなか話題にのぼらないし、なんとなく自己流で洗っている方が多いですよね。

実は間違った洗い方をしてしまうと、雑菌が増えてニオイの元となったり、かゆみなどを招いてしまうんです。
そこで、正しいデリケートゾーンの洗い方をご紹介していきます。

デリケートゾーンは洗いにくい

デリケートゾーンは複雑な構造をしているため、ササッと洗っただけではキレイにすることができず、雑菌などが繁殖しやすいんです。

おりものや、尿、汗などがこびりついて『恥垢(ちこう)』となります。
特に大陰唇は脇と同じアポクリン腺という汗腺が多く分布しているので、ニオイを放つ汗が出やすいんです。

そこで、毎日のお風呂できちんと洗えていないと、ブドウ球菌やカンジダ菌が繁殖しやすく、ニオイや痒みの原因となってしまいます。

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンは皮膚が薄く粘膜の部分もあるので、丁寧に洗わないといけません。
また、お肌が敏感なので直接ボディソープや石けんを塗ってしまうと肌荒れなどの原因になってしまいます。

デリケートゾーンを洗う時はしっかり泡立てたボディーソープや石けんなどで、優しく洗うようにしましょう

ただ、優しく洗うだけではデリケートゾーンの汚れは落ちてくれません。

泡立てた石けんを、指の腹を使って丁寧に洗っていく必要があります。
特に、ビラビラの部分は恥垢が溜まりやすいのでしっかり洗いましょう。

デリケートゾーンの正しい洗い方

粘膜の部分は、石けんを使わないでお湯だけで洗っていきます。
粘膜は常在菌といって、お肌を守るための菌が多いので、あまり石けんでゴシゴシ洗ってしまうとそれらの菌も洗い流してしまい、逆に菌が繁殖しやすくなってしまうんです。

特に膣への入り口は、指を使ってシャワーで洗うくらいにし、石けんを使ってゴシゴシ洗うのはやめておきましょう。

膣の中までしっかり洗う方もいらっしゃいますが、膣の中はも石けんを使って洗ってしまうと、PH環境が崩れてしまいます。
膣の中も洗う方は、お湯で洗うだけにし、石けんは使わないようにしましょう。

デリケートゾーン専用の石けんを使うのが◎

デリケートゾーンは他の部分のお肌と違いとてもデリケートなのに、雑菌が繁殖しやすいため雑菌はきちんとできる石けんが必要です。

デリケートゾーンのニオイが気になる、かゆみが出やすい、という方はデリケートゾーン専用の石けんを使ってみてはいかがでしょうか。

デリケートゾーン専用せっけんおすすめ3選はこちら

ケノンで1年間アンダーヘアを脱毛した結果

まずは脱毛前、こんな感じでした。


うん、いい感じにもじゃもじゃです!

そこから2週間に1度パチンパチンと脱毛をした結果…

1年後


おおお!

というくらい脱毛できました。

私はかなりの剛毛なので、1年間でこれだけ脱毛できればかなり満足です。


合計で24回脱毛したわけですが1回あたりたった5分程度で終わる上、73,000円なら脱毛サロンに通うよりも安く、アンダーヘアだけでなく全身脱毛できます。

安く、早く、確実に脱毛したい方は脱毛器ケノンがおすすめです。

ケノンの体験談をもっと詳しく見る

サブコンテンツ

このページの先頭へ