アンダーヘア脱毛でよくあるトラブル

アンダーヘア脱毛でよくあるトラブル

アンダーヘアの脱毛って、脇や腕と違ってなんだかちょっと秘められていることが多い気がして、失敗してしまわないか不安になりますよね。
ちょっぴり恥ずかしいことだったりするので、何となく周りには相談しづらかったり。。

そこで、アンダーヘア脱毛でよくあるトラブルをまとめてみました。

アンダーヘア脱毛でよくあるトラブル

脱毛サロンの場合

脱毛回数が決まっているため、無理して出力を強くし肌が痛む

脱毛サロンの場合、脱毛回数で契約していたり、月額で通い放題でもできるだけ早く効果を実感しようと、多少痛くても無理してライトやレーザーの出力を強めにしてしまいがちです

その際、自分では許容範囲が分からず、肌が赤くなったりかぶれたりすることがあります。

アンダーヘアはデリケートなので特に注意が必要です。

皮膚病の感染

脱毛サロンによっては脱毛器やカミソリを毎回きちんと消毒せず使いまわしているところもあります

皮膚病や性病によっては潜伏期間があり、本人も自覚がないまま脱毛を受けていたりすると、皮膚病がうつる危険性があります。

家庭用脱毛器の場合

よく見えない箇所はライトがかぶって当たってしまい、肌が痛む

家庭用脱毛器の最大のデメリットとして、IラインやOラインなどが自分では見えづらく、カーブの多い箇所なので、ライトが同じ個所に当たり肌が痛んだり赤くなったりすることです。

また脱毛前のムダ毛処理も自分では見えづらくカミソリで皮膚を傷つけてしまわないよう注意が必要です。

おすすめなのは、家庭用脱毛器

これらのトラブルを加味しても、やはり私は家庭用脱毛器をおすすめします。

家庭用脱毛器であれば、費用を気にせず自分のペースで脱毛ができますし、皮膚病の感染の心配も減ります

よく見えないから脱毛しづらいのでは。。?という心配も最初はありましたが、きちんと鏡を見ながら脱毛すればそんなに問題ありませんでした。
私は脱毛前のムダ毛処理も、カミソリではなく専用のシェーバーを使っているので皮膚が傷つくこともありません。

ただ鏡を見ながら脱毛している姿はかなり滑稽なので人様にはお見せできませんが

私が使っているケノンの脱毛器なら、10段階で強さの調整もできるので、痛みに弱い方も出力レベルを下げてゆっくり脱毛していくことも可能です。

私もあまり強いほうではないので、大体10段階中6か7で脱毛してますが、問題なくきれいになっていきます。

脱毛のトラブルが心配、という方は家庭用脱毛器を検討されてはいかがでしょうか

ケノンで1年間アンダーヘアを脱毛した結果

まずは脱毛前、こんな感じでした。


うん、いい感じにもじゃもじゃです!

そこから2週間に1度パチンパチンと脱毛をした結果…

1年後


おおお!

というくらい脱毛できました。

私はかなりの剛毛なので、1年間でこれだけ脱毛できればかなり満足です。


合計で24回脱毛したわけですが1回あたりたった5分程度で終わる上、73,000円なら脱毛サロンに通うよりも安く、アンダーヘアだけでなく全身脱毛できます。

安く、早く、確実に脱毛したい方は脱毛器ケノンがおすすめです。

ケノンの体験談をもっと詳しく見る

サブコンテンツ

このページの先頭へ