アンダーヘア脱毛のメリットデメリット

アンダーヘア脱毛のメリットデメリット

アンダーヘア脱毛のメリット

1.生理の時にラク

アンダーヘアの脱毛のメリットの1番は、なんといっても生理の時ラクですね。

特にIラインやOラインを綺麗にしておくと、経血が毛につくことがないので、ニオイを抑えることもできますし、清潔でいられます。
ムレることもなくなるので、とにかく生理の時ラクなのは1番のメリットですね。

2.パンツや水着から毛がはみ出ない

私はもともとTバック派なんですが、ある時気がついたんです。

毛がはみ出ていると!
 
それまでなぜ気が付かなかったのかというと、開脚してまでパンティーラインなんて見たことがなかったからです。

正面から見ればもちろん問題ないですが、エッチの時にガンガンはみ出てたと思うと恥ずかしいですね。
途中で彼氏に指摘されて気が付きましたよ。めちゃ恥ずかしかったですね。

アンダーヘア、特にIラインやOラインははみ出やすいので、小さめのパンツがお好きな方はぜひ脱毛をおすすめします。

3.エッチの時ラク(男性が)

私は今回パイパンにしましたので、全部毛がないということで、彼氏が「舐めやすい」と絶賛しております。

あと密着感が増すので気持ちいいというのもありますね。

ただ伸びかけの時は、鼻を毛が攻撃してくるそうなので、ご注意あれ。

また、日本人男性はパイパン苦手、という方も多いですが、IラインやOラインはないほうがいい!という意見がかなり多いので、男性ウケはいいみたいですよ。

アンダーヘア脱毛のデメリット

1.脱毛期間中は何かと不便

脱毛期間中は、脱毛してから2〜3日は肌が敏感になるため日焼けがだめ、成分の強い温泉はダメなど少し制約があります。

ということで海やプールに行くのを控えなければいけません。旅行がある時は、脱毛する日を調整しましょう

また、伸びかけが恥ずかしい時はこまめに剃る必要もありますし、毛の周期が乱れるため抜くのはNGです。
どうしても見た目が悪くなるので、脱毛期間中、特に最初のころは「剃ってます!」感が出るので彼氏がいる方はご理解頂く必要がありますね。

2.エステだと時間も回数もかなりかかる

エステで脱毛する場合、よく広告で6回で◯◯円!などと謳ってますが、6回でツルツルになるわけでは決してありません

特にIラインやOラインは皮膚が柔らかい上に毛が太いので、2年(12回〜18回)通ってもまだ生えてくる、という人もけっこう多いようです。

となると時間もかかりますが、お金も予想していたよりかなりかかります。
元々毛が薄く、ちょっと脱毛したいな、という人以外は、心してエステの契約を結んだほうがよさそうですね。

3.パイパンだと恥ずかしい

パイパンまですると、銭湯などでじっと見られることもあり、多少恥ずかしい思いもしますね。

パートナーが賛成派であればいいですが、新しい恋を見つける時、「パイパンはちょっと…」と引かれる可能性もあるので、

パイパンにする時はよく考えましょう。

ケノンで1年間アンダーヘアを脱毛した結果

まずは脱毛前、こんな感じでした。


うん、いい感じにもじゃもじゃです!

そこから2週間に1度パチンパチンと脱毛をした結果…

1年後


おおお!

というくらい脱毛できました。

私はかなりの剛毛なので、1年間でこれだけ脱毛できればかなり満足です。


合計で24回脱毛したわけですが1回あたりたった5分程度で終わる上、73,000円なら脱毛サロンに通うよりも安く、アンダーヘアだけでなく全身脱毛できます。

安く、早く、確実に脱毛したい方は脱毛器ケノンがおすすめです。

ケノンの体験談をもっと詳しく見る

サブコンテンツ

このページの先頭へ